2022年7月3日、​インパクトサウンドのオーディオ試聴会を開催しました。

Impact Sound ロゴ_p4_w_final.bmp

2022年7月3日、無事にインパクトサウンドのオーディオ試聴会を高砂市文化会館1F展示室で開催できました。兵庫県や大阪府からたくさんの人に評価いただき、大変好評でした。特にピアノの生感や低音の迫力が良かったということです。また神戸か大阪でも開催企画しようと思っています。

 会場で空気録音したものをyoutbeにupしましたので、性能の良いヘッドホンで聴いてください。

プレゼンテーションの動画

今後、試用版アプリ(Win10用)を配布できるように準備中です

参考までに、生の評価結果の1部を掲載します。

感想まとめ2.jpg

インパクト・サウンドとは

Impact Soundは高精度MICとデジタル音声処理をGPUを活用することにより、測定したスピーカーの特性から、変化に敏感な人間の聴感特性に重点を置いて64浮動小数点演算で高精度にデジタル処理し、スピ―カーのリアルタイム特性補正が可能です。従来の音場補正手法に比べて、楽器の生音に近い音や空気感までも体感できるようになります。

スピーカー特性測定例(DALI Zensor1)

20220501_1148_30cm_96c1m1_distortion_freq_total_characteristic.jpg

インパクト・サウンドの効果

インパクトサウンドの補正効果.jpg
特性測定図.jpg

インパクト・サウンドの特長

➀測定用マイク、測定用ソフトウェア、聴感重視フィルター処理ソフトウェア、リアルタイム 

 MP4・webm再生ソフトによる スピーカー特性補正

➁GPUを利用して高精度で高速なデジタルフィルタを実行できるので、低ノイズ低歪の音再生が

 できる

➂再生音圧はデジタル原波形に非常に近いため、奥行きがありパンチのある重低音や楽器の鋭い

 立ち上がりや演奏の強弱など生演奏に近い再現ができる

➃音場補正ではないので、部屋の特性の余分な影響を低減し、広い聴取位置範囲で自然な再生音

 を楽しめる

Specification

入力音声データ:

 対応フォーマット:mp3,wav,flac,webm,mp4
 対応周波数:44.1k, 48k, 88.2k, 96ksps
 bit深さ:16bit,24bit,32bit
 CH数:2
 
音声内部処理:
 演算精度:64bit floating
 サンプリング周波数:88.2kまたは96ksps
 フィルタタップ数:(25601) tapsx2ch

​入力動画データ:

 対応フォーマット:webm またはmp4

出力音声データ:

 サンプリング周波数:88.2kまたは96ksps

 bit深さ:24bit

​ CH数:2